Before (改善前)

金属加工品の中には複数の部品を嵌め合わせるような製品があります。部品同士を嵌め合わせる場合、受け側の部品のノーズアールが±.0や±.1といった図面指示があります。しかし、ノーズアールが±.0や±.1のように直角に近づくにつれて旋盤加工の難易度が非常に高くなります。このようなノーズアールは加工難易度が高いため、嵌め合わせる部品がぴったりとはまらないことがしばしば起こります。

V

After (改善後)

複数の部品を嵌め合わせるワークを加工する際に受け側のノーズアールの部分に逃げをつくることで、直角な製品をはめ合わすことが非常に簡単になります。受け側の部品のノーズアールが、±.0や±.1のように直角に近づくにつれて旋盤加工の難易度が非常に高くなり、嵌め合わせる部品がぴったりとはまらないことがしばしば起こります。製品の強度等問題なければノーズアールに逃げを作ることで、リードタイム短縮することができます。

POINT(要約)

金属加工品の中には複数の部品を嵌め合わせるようなワークがあります。嵌め合わせる場合に受け側の部品のノーズアールが±.0や±.1等の指定がありますが、旋盤加工が難しくなります。そこで、ノーズアールに逃げを持たせることで直角の製品をはめ合わすことが非常に簡単になり品質が向上します。