Before (改善前)

シャフト等の丸物の内径を、旋盤加工にて削り出す際にドリルを使って加工を行います。その際に、内径の精度によって追加工が必要になる場合があります。例えば、図面には内径に対して△二つの指示があります。その場合、ドリル加工ののちに、表面処理を行って面精度を出す必要があります。追加工を行うためには、余計な治工具が必要となってくる上、ドリル加工に加えて1工程増えてしまい、リードタイムが延びてしまいます。

V

After (改善後)

シャフト等の丸物の内径を削り出す図面指示を△二つから一つに変えるなど、面粗度を緩和させることでコストダウン・リードタイム削減することができます。内径に対して面の粗さを指定しなくてもお客様の要求する仕様を満たす場合、ドリル加工だけで済むので工具が一本で済み、その分コストダウンになります。また、1工程減ることによって、リードタイムを短縮することもできます。

POINT(要約)

シャフト等の丸物の内径の面粗度が図面で指定されている場合があります。この場合、旋盤加工で内径を削り出したあとに追加工が必要です。そこで、丸物の内径の面粗度がどれくらい必要かを洗い出しておきます。使用上問題なければ、内径の面粗度を緩和させることで追加工が不要となりリードタイムが短縮されます。